フリーエリア

ペットのお墓 NPO法人「ねこ家」

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

gazirow

Author:gazirow
とむです。
猫をはじめ動物が大好きです。
家の子の事やお外に暮らす子の事、日常を細々書いています。
「でんぱ組inc」の箱押しです^^

FC2ブログランキング
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたい おはぎ

あたい
この家に最近きた おはぎです。

生後2ヶ月半の女の子


016.jpg
来た当初・・・こんなに怖い顔してたの
人間が怖かったの
だから、こんな顔になっちゃったのかも知れない
070.jpg

徐々になれて顔に変化が・・・
目が可愛くなったねって言われるの
アーモンドアイがチャームポイントよ

038_20121024180123.jpg
人間がまだ怖い部分もあるけど、撫でてもらったり遊んでもらったりして気持ちがだんだんほぐれてきたの。



ここのおうちでこれからいろんな事が起きるんだろうなぁ

ここにも時々現れるだろうから、皆さん 宜しくお願いします
スポンサーサイト

母猫の気持ち

先日、保護した子猫・・・

後から保護した子は「おはぎ」と名前が決まりました。

保護した当初・・・仕方が無いのですがおはぎは泣きまくっておりました。

毎朝、母猫は呼びにくるのでお互いに悲痛な叫びをあげて、私も正直参っておりました。

返したほうがいいのか??とも悩みました。
5日ほど経ってもまったく改善されず「フーシャー」と唸るばかりで悩みました。

そんな私を見かねて知人が「一週間くらいおはぎを預かってあげる。そうすれば母猫のことも忘れていいのではないか?」と言ってくれてわらにもすがる気持ちでお願いしました。

が!!!


預ける前の晩から
025_20121019181651.jpg
おはぎに異変が起きました。
抱いても怒らず、大人しくしています。
まるで預けられることが分かったかのように・・・
その日の晩から夜鳴きはぴたっとなくなりました。
預けるのは辞めました。

明くる日
母猫が来ました。

いつものように鳴くと思いましたが鳴くこともなく、ご飯を食べるわけでもなく
ただただ、家のほうを見つめていました。
ご飯を持って側に行ったときに私は「大事にするからね。安心してね」と話しかけました。

母猫はこっちをじっと見てまた家のほうをみていました。

しばらくすると、母猫は居なくなっていました。


また来るであろうと思っていましたが
あれから一週間経ちますが、それきり来ていません・・・・・


040_20121019181651.jpg
姉妹仲良く遊ぶ姿を見るのは嬉しいのですが
何故?母猫は急に来なくなってしまったのか?を考えると泣けてきます。

まるで身を引いたように感じるからです。

せめてご飯だけでも来てくれればいいのに。

063.jpg
小さかったきなこもだんだん大きくなりました。

058_20121019181652.jpg
尾仁ちゃんも子猫が気になる様子です。
徐々に仲良く出来るでしょう。


家の猫が幸せか?私には分かりません・・・
母猫に返したほうがいいのではないかという意見もありました。

でもこの時代・・・やっぱり外で暮らすのは危険が多すぎます。
事故や虐待・・飢え・・・
辛い思いをすることを思うとやっぱり家の中で暮らしてもらいたいと思いました。

母猫と後の兄弟のことは気がかりではありますが

おはぎときなこ
尾仁子・ヤマちゃんみんな一緒に暮らして行きたいと思います。

子猫日和

子猫のきなこが我が家に来てバッタばったしております。

おトイレもちゃんと出来るしご飯もちゃんと食べるので比較的・・手がかからないですが
ナニをしでかすか分からないやんちゃ娘なのでやっぱり手がかかる・・・

病院で健康診断をしてもらったら生後2ヶ月の女の子
栄養状態が悪く普通より小さめですが、元気一杯です。

5日ほど。「フー!!シャー!」と威嚇しましたが今ではすっかり甘えん坊
122.jpg

とても懐いてくれて感無量

138.jpg
尾仁ちゃんは少しうっとうしいみたいですが・・・めげません!!!
143.jpg
ヤマちゃんは完全になめられていますが><
優しいお兄ちゃんになっています。
ゲージは卒業してお部屋を自由に遊ばせています。お留守番と寝るときは猫部屋の6畳にいます。


ホッとしたのもつかの間・・・・
昨日、兄弟をもう一匹保護しました。

139.jpg
さすが姉妹・・・良く似ています。
女の子です。
でも・・・体が一回り大きいのです。
同じ姉妹でもこんなに大きさが違うなんて!驚きです、

こちらはまだ「フー!シャー!!!」と威嚇しっぱなし・・・

母親も他の兄弟もいましたので、保護するか迷いましたが野良よりうちのほうが良いと思いました。
この子だけなんとか保護できましたが他の兄弟と母猫は保護できませんでした・・・


母親は先日、避妊しましたので最後の子猫です。これ以上不幸な猫が産まれないように
他の兄弟がせめて女の子でない事を願います・・・・

母猫はこの子を保護した後、怒った顔で家の中を覗いていました。多分、私の前には子猫を連れて来ないかも知れません。


その姿を見たとき自分は凄く酷いことをしてしまったのか・・・と悩みました。

昨日の今日なのでまだ苦しいです。
きなこのように慣れてくれたらその思いも少しは和らぐかも知れません。

この子達は里親探しはせず私自身で最後まで暮らして行こうと思います。
gazirow
gazirow
とむです。
猫をはじめ動物が大好きです。
家の子の事やお外に暮らす子の事、日常を細々書いています。
「でんぱ組inc」の箱押しです^^
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。